こどもキャンプについて

❏あいこのキャンプについて

【大切にしていること】
「”主体性” “協調性” “自立心” “好奇心” “課題解決力” “自然とのふれあい”」

①”主体性” “課題解決力”・・・自分で考え解決策を導き出し、行動できるようになる
②”協調性” ・・・異学年の友達や大人など多様な人と関わり同じ目的のために協力し合う
③”自立心” ・・・様々な交流や共同生活を経験し、自活力を養い、たくましい大人になる
④”好奇心” ・・・さまざまな体験を通して、好奇心を育み、いろいろな事に挑戦する
⑤”自然とのふれあい”・・・自然と触れ合う楽しさを知り、大切にできる心を持つ

キャンプコンセプト
​当キャンプでは、”ものづくりのまち浜松”の精神を大切にし、新しいものを創り出す
ことができる環境作りを心掛けていきます。そのため、自分が作りたいものを自由
な発想で作る自由工作やお菓子作りができたり、好奇心・創造性を刺激するような
プログラムを体験できます。また、​自分達で考え試行錯誤する中で、周囲の人々と
力を合わせて協力し合い、課題解決していく力を養います。

キャンプの魅力
・キャンプごとに特徴の異なるキャンプ場やプログラムが体験できるので、何回参加
  しても毎回新しい発見がいっぱいある!
・同時進行プログラムの中から自分がやりたいものを選んで好きな遊びができるので   それぞれの「●●がやりたい!」に応えられる!

【運営スタイル】
この自然体験キャンプはこどものみで参加します。こども達を見守るスタッフは団体職員に加え、教育の道を志す大学生や若手社会人など若いボランティアスタッフが中心となっており、こども達と一緒になって遊び、本気で向き合っています。
生活班は、こども6~8人をスタッフ2~3人で担当して1つのグループとなり、野外炊飯やお風呂等はグループで協力して行います(キャンプ場によりスタイルが異なる場合があります)。そのため、グループでの連帯感が生まれ、1人参加の子や自分から積極的に話しかけるのが苦手な子などでも友達が作りやすく、ホームシック等も出にくい環境となっております。

 

❏選べる遊びについて

【全体遊び】
基本的に遊びは自分がやりたいものを自由に選んで行うスタイルですが、キャンプ場によって班活動の比重はまちまちで、班活動の多いキャンプ場においては違う班の子と仲良くなる機会が少なくなりがちです。そのため、みんなで一緒になって遊ぶ場を設けて、より多くの子と交流する機会を作る場合があります。

【外遊び】
鬼ごっこやかくれんぼ等の道具の要らない遊びをはじめ、ボールやバット・フリスビー・縄跳びなどの道具を使った遊びや、キャンプ場によってはアスレチックや広場などで自由に遊びます。

【室内遊び】
トランプやUNO等のカードゲームやドミノ倒し、ホワイトボードでのお絵描き、けん玉やコマ回しなど様々な道具を使うものから、しりとりやハンカチ落としまで、思い思いの遊びを自分達で考えて行います。

【自由工作】
あいこの工作では学校の図工のように決められた物をみんなで作るというものではなく、
ノコギリやカナヅチ・小刀・グルーガン・ドライバーなどの工具をうまく使って、自分達で作りたいものを自由な発想で作ります。竹や板材などの木材はもちろん、スパンコールや紐・綿・割り箸などの材料を組み合わせて、弓矢や剣・盾などの武器を作ったり、収納箱や机イスなどの家具を作ったり、アクセサリーを作ったりとアイデア次第でどんなものでも作ることができます。

【お菓子作り】
自由工作と同じように、決められたメニューはなく、ある材料やレシピ本などから自由に作りたいものを考えて、お菓子を作ります。
定番のホットケーキやクッキー・クレープ等はもちろん、ポップコーンや棒巻きパン・バームクーヘン、外国のキャンプで定番のサモアまで、家ではなかなか作れないものも作ることができます。

【その他の遊び】
上記以外にもキャンプ場や季節によって、釣りや川遊び、プール遊び、キャンプファイヤー、星空観察、クリスマスパーティなどいろいろな遊びを行います。

 

❏安全管理について

キャンプに怪我はつきものですが、少しでも怪我や事故を減らすため、以下のような対策をおこなっております。

・スタッフマニュアルの充実
野外活動スキル・こどもの応対スキル等は人によって異なるため、これらの経験のない人でも基本的なことが分かるよう、事細かにマニュアルを作っており、マニュアルを把握した上で、スタッフ研修により実践演習を行います。

・スタッフ研修の実施(年4回)
スタッフ15~20人で、1泊2日のキャンプ研修を行い、当日の流れの確認、キャンプ場の把握、工作指導、料理指導、座学など、知識・スキルの向上とスタッフ間の関係作りを目的としておこなっています。

・参加するこどもの既往症・障がい・アレルギー・その他留意事項の共有
事前に身上書にご記入頂いた情報をスタッフ間で共有し、病気や障がい・食物アレルギー等への対応をします。

・保健係の配置
個別研修を受けた保健係(主に看護学生)を配置し、一括して同じスタッフが処置を行うことで、誤った処置をしたり、断片的な対応になったり、傷病記録表の記入が漏れたり等のミスが発生しないよう心がけています。

・夜間スタッフミーティングの実施
キャンプ当日の夜、こども達が寝静まった後にスタッフ全体で、「怪我・病気の有無」「楽しめていない・孤立している等の様子の気になる子」「各班の状況」「翌日の流れ」の共有を行い、大きな病気・怪我があった場合は翌日の経過観察、気になる様子の子へはスタッフ全体でフォローする等の対応をします。

 

❏よくある質問
Q. 参加者の学年・性別などが知りたいです。
・学年分布…1年 16% 2年 22% 3年 22% 4年 21% 5年 12% 6年 7%
・性別分布…男子 53% 女子 47%
・参加人数…1人参加 46% 複数参加 54%(友達・兄弟と参加している人)

・リピーター率…25%(参加者全体に占めるリピーター数)

Q. 友達(兄弟)と一緒に応募していますが、一緒に参加できますか。
A . 複数人で応募する場合にはWEB応募時に「一緒に参加される方のお名前」という         項目に名前を記入して頂くことで、抽選になった時の当選結果は同じになるように       配慮します。

Q. 友達(兄弟)と同じ班にして欲しいです。
A. 上記同様、「一緒に参加される方のお名前」に記入して頂いた方は基本的に同じ班      となるようにしております。ただし、男女別で班編成をするため男女の兄弟・お友達
  の場合は別班となりますが、多くのコースでは2つの班で1グループとして活動する
    ための場合は同グループでの活動が可能です。(別々の班にすることも可能です)

Q. 1人参加のため、うまく打ち解けられるか心配です。
A. コースにもよりますが、毎回40~60%の方が1人で参加しています。また、班編成
では1人参加同士を同じ班にし、班内で自分だけ1人参加とならないようにします。
なお、初めての人と打ち解けるのに時間がかかる子や恥ずかしがり屋で友達ができ
るか不安という場合はその旨を申込時にご記入頂ければ班の担当スタッフがサポート
しております。

Q. 低学年のためホームシックにならないか心配です。
A. 学年分布から分かるように低学年から多くの子が参加しています。また、班活動
多く行うことで友達ができやすい環境となっており、比較的ホームシックが出る
ことも少ないです。ホームシックが出た際にはスタッフが必ず1人付き添って
ケアを
するため、すぐにおさまるケースがほとんどです。

Q. 好きではない(苦手な)プログラムがあるがどうすればいいですか(肝試し・川遊び等)
A. メインプログラムを除き、スケジュールの多くは選択制プログラム(選べるあそび)
 となっており、複数プログラムの中から自分がやりたい事を選ぶことが可能です。
    苦手なプログラムがある場合にはそれを避けて、好きな遊びを行う事が可能です。

Q. アレルギー・病気・障がいがありますが対応してもらえますか。
A. 病気や障がい等に関わらずご参加頂けます。ただし、集団行動を著しく乱す等、
 周りに迷惑がかかる場合にはご参加をお断りする場合があります。なお発達障がい
 (ADHD・自閉症・学習障害)等の精神的な障がいは程度にもよりますが、基本的には
 ご参加頂けますが、身体的な障がいをお持ちの場合は障がいの内容・程度等により
 対応が難しい場合があるため個別に判断させて頂きます。
 当選後にご提出頂く身上書に「症状・程度・発症時の対処法」を記載する欄があり、
 それをもとに出来る限りの対応を致します。重度なアレルギー・特別な配慮が必要な      病気・障がいがある場合は必ず事前にご相談ください。

Q. 食物アレルギー・苦手な食べ物があり、食事メニューにある〇〇が食べられません。
A. 食物アレルギーがある場合には、別メニューを用意する、同じメニューで調理中に      対象食材を除いた物を用意する等の対応を致します。
 また、お菓子作りなど食事メニューに書かれていない飲食や、食事メニューが急遽        変更となる場合等もありますので、関係なさそうなアレルギーも含めすべてご申告        ください。

Q. 特別な持ち物は何かありますか。
A. 持ち物リストは当選後の申込書類に同封しますが、特別にご用意頂く必要のある
 ものはなく、ご自宅にあるものばかりです。寝袋や川遊び用ライフジャケット等
 はこちらでご用意します。